fc2ブログ

3/18 タワー3回登頂

 先週3月16日で若干話は古くなりますが・・・ブログでも書いていましたが、この日は160m給電部の改修と思い作業開始でした。
 
 ところが・・・当日は西風が強くTA-3040DやNA-514の撓りやエレメントの風切音がするくらい強風が吹き荒れていた。事前に確認用のデータを取ったところSWRが瞬間的に幾度も跳ね上がる。明らかにエレメントとタワー側面が接触していると考えられる。実は最初に設置したときに、とりあえず波型ガイシに頂部エレメントを適当にタワー支柱に付けてきただけである。離れは多くても2センチ程度、風で煽られれば接触は免れられない。このまま調整すると、二度手間になる。予想ではエレメントとタワーとの感覚が微妙に関係していると・・・急遽、車庫で眠っていた約70cm程度のアルミパイプを張り出し腕にしてそれに抱かせる事にした。

◎タワー登坂作業・・・実際...高所恐怖症です
・1回目・・・腕先端、タワー側面から約50cmに頂部を設置した。見た目も綺麗だし・・・ところが数値は正直何処にどう共振しているのか判断つかない・・・先ほどまでのデータはどこ・・・状態!労力を考えるとタワーに強風でエレメントが煽られても接触しないギリギリまで頂部を再度近つける事にした。

・2回目・・・焦りの気持ち~エレメントのステーを緩めるのを忘れ「登頂」何もすることなく下山!!周りが見えなくなった自分に反省でした

・3回目・・・タワー天辺に行った時にエレメント離れをどれだけにするか迷いました。結局、約15cmにしました。

給電部の測定結果はR=65-70Ω(タワーがいい意味で影響している?輻射しているのは確実だ!)(今入っているLは5.0μH)と高くなっているがXは変わらないSWRは当然1.4を示している。きょうは、これで妥協としました。

こんなことをしていたら16Jとなりました。給電部の製作はゆっくりと・・・今作っています。

Lは何種類か作って50Ωに近い値まで攻めてみます。とりあえず4.8μHと4.0μHは作りました。後3.0μHかな・・・?このANT・・エレメントとタワーとの間隔微妙に影響しているのですね。認識させられました!!
2013031822480000.jpg

あすは大阪出張、明後日は法事・・・慌てずジックリ行きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
訪問者
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ